ベントレー、新型車の全てに100周年記念装備を設定

■100周年を記念して、2019年製ベントレー・モデルを差別化
■100周年を祝う特製バッジ、記念刺繍、特別装備品を用意
■ヴィンテージ・モデルにちなんだカラー:「センテナリー・ゴールド」を設定
■比類ない職人技と優れた技能の証となる美しいディテール

(クルー、2018年8月30日)ベントレーは来年、創立から100年目を迎えるにあたり、全モデルに100周年を記念する「センテナリー(Centenary)」特別仕様を用意しました。

記念碑的モデルや数々の出来事にインスパイアされた100周年記念の特別仕様は、2019年1月から12月までに英国・クルーの工場で製造される全てのベントレー・モデルに装備されます。

各モデルに装備される100周年記念特製バッジ、記念刺繍入りシート、特製トレッドプレートなどの数々のディテールが、ベントレー創立100周年記念モデルの証となり、真のコレクターズ・アイテムとなります。

ウォルター・オーウェン(W.O.)ベントレーが1919年に設立したベントレーは、現在まで、「速い車、良い車、クラス最高の車」を作るというシンプルな目標を掲げてきています。

ベントレーは、何十年にもわたり積み重ねた専門知識と革新性を通じてラグジュアリー(上質さ)とパフォーマンス(高性能)を独自に組み合わせ、世界で最も価値のあるグランド・ツアラーをデザインし、製造しています。

100周年記念仕様: 記念の証
100周年記念の「センテナリー(Centenary)」特別仕様の装備品は、ベントレー・ブランドの熟練した技能と細部のこだわりが反映された美しいディテールを誇ります。

ユニークなセンテナリー・ゴールド(Centenary Gold)のフロント・バッジおよびリア・バッジには、特製ホイール・センター・バッジと「1919-2019」と表記されたトレッドプレートが組み合わされます。ステアリングホイール・バッジ、キー・フォブ、

ギア・セレクターは、全て同様の記念デザインがあしらわれています。

これら特別仕様モデルでは、100周年記念の特製ウエルカムライトが乗員を迎え、100周年記念の刺繍入り特製シート、センテナリー・ゴールドのヘッドレスト・ロゴ、センテナリー・ゴールドのコントラスト・ステッチまたはクロス・ステッチが組み合わされます。

1919年の「ベントレーEXP 2」やサー・ヘンリー・バーキンが駆って戦った1929年製の通称「バーキン・ブロワー(1929 ‘Birkin’Blower)」など、ヴィンテージ・ベントレーに見られる繊細な金属加工に敬意を表する意味で生み出されたセンテナリー・ゴールドは、豊かな伝統とレースの勝利を称える証であり、エレガントで温かみのある色調と液体のような深みのあるメタリック・ゴールド・カラーです。

このカラーは、宝石のように輝き、光を反射するよう特別に作られています。センテナリー・ゴールドは、ベントレー100周年を記念して、特製ロゴに使用されます

100年の偉業を称える
1888年に生まれた創業者W.O.ベントレーは、熱心な技術者として育ちました。そして最終的に、ドライバーで、エンジニアで、そして紳士として自らの熱意を傾け、自らの期待を満足させる車づくりに心血を注ぐことになりました。これについて、昔からW.O.を知る人々にとっては驚くことではありませんでした。

ベントレー・モーターズ(Bentley Motors)は1919年に設立され、1921年9月には最初の生産車が、所有者ノエル・ファン・ラールテ(Noel van Raalte)の元に、誇らしげに納入されました。当時の価格は£1,050でした。この車はベントレーの代名詞ともいえる特大のラジエーター・ケーシングを持ち、フライングBのバッジが飾られていました。

1920年代のベントレー・モデルは、この時代の最も印象に残る車の一台です。W.O.はレーシング・エンジンの開発に夢中になり、彼のマシンはブルックランズ(英)、インディアナポリス(米)、マン島のレースで活躍しました。伝説的なベントレー・ボーイズは、5回にわたってル・マン(仏)で勝利するという偉業を達成しました。

ベントレーの何十年にもわたる革新、優れた業績、確かな職人技を讃える新しいムービー「Together we are Extraordinary: The Story of Bentley Motors(私たちには並外れた技がある:ベントレー・モーターズ・ストーリー)」は、当社のウェブサイトwww.BentleyMotors.com/100Yearsでご覧いただけます(英語)。

2019年7月10日は、ベントレーの歴史と、今日の世界的な成功を祝う記念の日となります。- 以上 –

編集者の皆様へ
Bentley Motorsは、世界トップの人気を誇る超高級車ブランドです。本社はクルーにあり、Continental、Flying Spur、Bentayga、Mulsanneという4つのラインアップの設計からR&D、エンジニアリング、製造までを一貫して本社で管理しています。何世代も受け継がれてきた技を駆使するクラフトマンシップ、エンジニアリングの専門知識、そして最先端のテクノロジーを融合させることは、Bentleyのような英国高級自動車メーカーだからこそなせる技です。また、付加価値の高い英国製造業の代表例とも言えます。クルーでは、約4,000人の従業員が勤務しています。