ベントレーは、ファーバーカステルと共に
新たな章を書き記す

■ 高級筆記具のエクスクルーシブなベントレー特別コレクション
■ 専用アクセサリー付きの3つの新しいラインナップ
■ 2つの世界の高級感あふれるクラフツマンシップが結合
■ 日本では11月よりベントレー正規販売店で販売開始

ベントレーは、ドイツの高級筆記具ブランドのGraf von Faber-Castell(ファーバーカステル伯爵コレクション)社と共に開発した筆記具の特別コレクションを発表し、本年11月より日本での販売も開始いたします。

「Graf von Faber-Castell for Bentley(ファーバーカステル伯爵コレクション・フォー・ベントレー)」コレクションは、両ブランドに共通する時代を超越したデザイン、緻密さと類稀なるクラフツマンシップへの情熱が見事に組み合わされた美しい筆記具とアクセサリーで構成されています。

このコレクションは、ファーバーカステル伯爵コレクションとベントレーのスタイリング・チームが密接に協力しながらデザイン、開発した3つのラインナップで展開されます。

「ベントレーとファーバーカステル伯爵コレクションは、変化し続ける世界の中で類稀なる クラフツマンシップを採り入れながら革新し続ける一方、現代の視点でブランドを表現することによって、共に最高の品質と素材に対する責任を全うしています。」
製品およびマーケティング部門のディレクターであるクリストフ・ジョージスは、このように語りました。

ベントレーは、何十年にもわたり積み重ねた専門知識と革新性を通じてラグジュアリー(上質さ)とパフォーマンス(高性能)を独自に組み合わせ、世界で最も価値のあるグランド・ツアラーをデザインし、製造しています。

ドイツ、ニュルンベルク近郊のシュタインにある本社で、プレミアム部門の責任者であるチャールズ・フォン・ファーバー・カステル伯爵は次のように述べました。
「個人によって培われた長年の伝統、ユニークなデザイン、妥協のない品質、控えめなエレガンスなど、ベントレーとファーバーカステル伯爵コレクションには、多くの共通する特徴があります。」

万年筆、ローラーボール、ボールペンは、ベントレー・モデルの重要なデザイン的特徴をいくつも共有しています。例えばキャップの部分は、ベントレーの自動車に見られる典型的なローレット装飾仕上げが施され、ベントレーの印である「B」のバッジが飾られています。また、シャフト上には、人間工学的かつ美的効果を兼ねた繊細なギロシェ(波縞模様)として、特徴的なダイヤモンドパターンがあしらわれています。フロントピースとエンドピースは美しく磨きこまれ、ラグジュアリー・ブランドの魅力であるメタルの輝きを彷彿させます。

これら筆記具では、そのカラーもベントレー専用色を使用しています。鮮やかな「シークインブルー」、アンスラサイトの「タングステン」、そして光輝く「ホワイトサテン」は、いずれも現代的な色合いとなっています。

また、同じくファーバーカステル伯爵コレクション特有のデザイン要素も見逃すことはできません。プラチナコーティングが施され、控えめな造形の重厚なスプリングキャップが優雅なたたずまいとゆったりしたリズムをバランスよく表現し、ベントレーの手縫いのインテリアを想わせる上質なイタリアのカーフスキン製ケースとも見事にマッチしています。

日本では本年11月から、この新しい「ファーバーカステル伯爵コレクション・フォー・ベントレー」コレクションを、ベントレー正規販売店および六本木の東京ミッドタウン内のファーバーカステルのフラッグシップショップ、デパート、専門店等で販売いたします。また、このコレクションは来年、さらに筆記具のラインナップが拡張される予定です。

- 以上 –

日本での価格および詳細

万年筆(ペン先はステンレス製ロジウムメッキ、サイズはM、F、EF、B) 48,000円(税別)
ローラーボール 40,000円(税別)
ボールペン 35,000円(税別)
レザーケース、色:ブラック 30,000円(税別)
シャフト 金属製、多層コート塗装仕上げ
メタルパーツ クローム製、光沢仕上げ
日本での発売 2018年11月~