未来に向かって前進するベントレーとブライトリング

レーシングレジェンドの魂を受け継ぐ:
CONTINENTAL GT NUMBER 9 EDITION BY MULLINER

  • ■Bentley創業100周年を記念する特別なContinental GT
  • ■Mullinerのハンドクラフトから生まれる限定100台のコレクターズカー
  • ■モータースポーツ界におけるBentleyの栄光にインスパイアされた独創的なデザイン
  • ■バーキンが駆った伝説の「ベントレーブロワー」に敬意を表すNo.9バッジ
  • ■バーキンとともにル・マンを闘ったマシンから運転席の木片を譲り受け一台一台に装着
  • ■エクステリアカラーはビリジアングリーンとベルーガブラック
  • ■ベントレーボーイズの時代を彷彿とさせる伝統的なレザーハイド
  • ■1930年当時をイメージした英国イエーガー製メーターをダッシュボードに装着
  • ■ビンテージレースマシンをイメージした18Kゴールドコーティングのオルガンストップ
  • ■ジュネーブモーターショーで世界初披露

(2019年3月4日、クルー)Bentleyは2019年の創業100周年を記念し、新型Continental GTに究極のコレクターズバージョンを誕生させました。

それが、Continental GT Number 9 Edition by Mulliner。
モータースポーツ史に輝くBentleyの栄光にインスパイアされたこのモデルは、特別なデザインを随所に散りばめた世界最高のラグジュアリーグランドツアラーです。100周年の今年、英国クルーにてContinental GTをベースとし、Mullinerの手でわずか100台が製作されます。

Number 9 Edition by Mullinerには、1920年代から1930年代にかけてベントレーボーイズとして活躍したヘンリー・ラルフ・スタンレー・「ティム」・バーキン卿へのオマージュが込められています。Bentleyの顧客と同時に投資家やレーシングドライバーとしての顔も持つバーキン卿は起業精神と野心に溢れた人物でした。その彼が勝利を確信して製作したマシンが4½リッターの「ブロワー」だったのです。

「ブロワー」はスーパーチャージャー搭載車で、No.9、すなわち9号車は1930年にバーキン卿がル・マン24時間耐久レースに参戦したときのマシンでした。このスーパーチャージャーはフリーのエンジニアであったアムハースト・ヴィリヤース氏とバーキン卿が共同開発し、バーキン卿の依頼に基づいてそれを搭載する4½リッターBentleyが何台か製作されました。スーパーチャージャーは約110馬力の出力を175馬力へと増大させました。以来、圧倒的な存在感を放ったグリーンのマシンは、戦前のレーシングBentleyを代表する名車となりました。

Number 9 Edition by Mullinerのフロントグリルで目を引くのは、No.9のバッジと、そのバッジにマッチした大胆なグラフィックです。エクステリアカラーはビリジアングリーンとベルーガブラックの2色があり、21インチ10本スポークホイールもエクステリアカラーと同じ2色から選択できます。また、ブラックラインスペシフィケーションやカーボンボディキットも用意されます。

Number 9 Edition by Mullinerのインテリアを彩る伝統的なレザーハイドはカンブリアグリーンとベルーガの2種類で、シートやインナードアパネルなどの光沢が一段とアップしています。ヘッドレストとドアパネルには、1930年式「ブロワー」のドアパッドのデザインに倣い、「B」の文字がデボス加工されます。

センターコンソールに目を移すと、独創的なダッシュボードに「エンジンスピン」と呼ばれる模様があしらわれています。この模様は「ターンドアルミニウム(Turned Aluminium)」と呼ばれ、光の反射を抑える効果があることから、1920年~1930年代にかけてレーシングマシンや航空機によく用いられました。

センターコンソールでは英国イエーガー製のメーターも存在感を放ちます。このメーターは往年のNo.9「ブロワー」のメーターからインスピレーションを得てMullinerとイエーガー社が共同開発したもので、当時レーシングカーに採用されていたメーターと同じ伝統的な製造方法が採用されています。

Continental GTで初採用された画期的なローテーションディスプレイには、「ベントレーブロワー」から受け継いだ大切なものが実際に組み込まれています。それは、1930年にバーキン卿と共にル・マンを走ったNo.9のレストアの際、運転席から回収された木片です。貴重なアイテムがContinental GT Number 9 Edition by Mullinerに花を添えます。樹脂で覆われた木片はローテーションディスプレイ中央にライトで浮かび上がるように配置されており、歴史の片鱗を感じさせてくれます。

その他にも、No.9 「ブロワー」のオルガンストップをイメージした18Kゴールドコーティングのオルガンストップ、そして「1 of 100」と記されたトレッドプレートも限定100台の一台一台に装備されます。

Bentley創業100周年
Bentleyは2019年7月10日に創業100周年を迎えます。ロンドンで産声を上げたプロトタイプ1号車から、今日世界中で愛用されている最高にパワフルで優美なクルマまで、Bentleyはラグジュアリーカーの姿を発展させてきました。 W.O.Bentleyは「速い車、良い車、クラス最高の車」を造るためにBentley Motorsを創業しました。その基本理念はBentleyの柱として脈々と受け継がれています。

2019年に製造されるすべてのBentleyには、インテリアとエクステリアに100周年専用デザインが採用されます。ボンネット、トランク、ホイールセンターには専用のバッジがプラスされ、そのバッジにはセンテナリーゴールドで彩られたロゴの「B」を囲むようにメタリック仕上げが施されます。ボンネットとトランクのバッジには「1919 to 2019」の文字も刻まれます。

ドアを開けるとウェルカムライトが点灯し、足元にBentleyのマークが映し出されます。トレッドプレートに記された年号にも目を引かれます。車内に足を踏み入れると、ステアリングホイールとギアレバーにセンテナリーゴールドのBentleyウィングとBentley 「B」が誇らしげにあしらわれています。もちろん、携帯しているキーの「B」もセンテナリーゴールドです。

新型Continental GTが目指す最高のパワー
最新型のContinental GTは、 キビキビとした一体感あるパフォーマンス、ハンドクラフトから生まれるラグジュアリー、最先端テクノロジーとが三位一体となったクルマです。

W12 TSI搭載のContinental GTはより軽く、より速く、より洗練され、0-100 km/h加速3.7秒、最高速度333 km/h、航続距離800 kmを誇ります。[WLTPモード燃費(複合):13.6 L/100km (20.8 mpg)、CO₂排出量(複合):308 g/km]

Mullinerが生み出す類まれなデザイン
Bentleyのお客様にはこだわりをお持ちの方も多く、Mullinerはそうしたお客様のご要望にお応えするための部門です。どのようなパーソナライゼーションにも対応し、お客様の求める一台だけのBentleyを製作します。

Mullinerのルーツは1500年代に遡ります。当初は高級な馬車を製造するメーカーでした。1923年に初めてBentleyのボディを架装し、その2シーターの3リッターBentleyはロンドンのオリンピアショーに出展されました。Bentley Motors設立からわずか1年後のことでした。

1953年にはMullinerの最高傑作のひとつとされるR Type Continentalのボディ架装を手掛けました。R TypeはContinental GTのデザインの始祖となったモデルです。1957年にはContinental Flying Spurを製作。Bentley Continentalのシャシーをベースにしたスペシャルな4ドアサルーンでした。1959年、Mullinerは正式にBentley Motorsの傘下に入り、その拠点をクルーに移しました。

- 以上 -